花壇や塀のレンガブロックの補修方法教えます(^_^)/ コンクリボンドK10

こちら↓は、先日施工させていただいたお宅でのアフターサービスの事例です。

花壇や塀に多く見かけるオシャレなレンガブロックがこんな風に
ポロリと取れてしまったとご相談をお受けしました。

その場合のレンガブロックの補修方法は、簡単です!(^^)!
①まず、レンガやコンクリートの接着面をきれいにお掃除しましょう。

②ホームセンターでも売っている「コンクリボンドK10」という商品です。

③これをこんな感じで剥がれた面に絞り出します。

④しっかりと押さえて接着させましょう!

⑤完成!簡単でしたね(^_^)/

このように「コンクリボンド」(コニシ)は、結構重宝する補修材です。
付けすぎたり、少なすぎたりしなければ大丈夫!
女性にも簡単に取扱いできます。

「コンクリボンド」で検索してみてください。
ちなみに、チューブ状の小さい170mlのものは500円くらいでした。
お困りの方、是非お試しくださいね(*^_^*)

\フォローお願いします/