青葉区 T様邸|外壁のアクセントとなる帯板はけっこう重要です

帯板が美しくなるとおうち全体が輝いて見えます。

青葉区 T様邸 外壁施工事例(2014年8月 1日 完工)

ビフォー

アフター

 

1. 工事のきっかけ・お客様とのエピソード

T様邸の塗り替えは「帯板の劣化」がポイントでした。
特に日当たりの良い玄関側は帯板の表面がボロボロと剥がれかけている状態です。
確かに外壁に比べて木部は経年劣化が早く、早めに対処しないと塗り替えだけではどうにも出来ない事態になりがちです。
数年前に塗り替えたばかりのご近所さんでは、既に帯板のペンキが剥がれてきているとのこと。
そこで「帯板の塗装をしっかりやってくれる業者」ということで花まるリフォームにご依頼をいただきました。
T様の熱い期待に応えて外壁の重要なアクセント部分である帯板をしっかり下地処理して塗装。
奥様が選ばれた淡いすみれ色でとても美しく仕上がりました。

2. 施工前(外壁・屋根のチェック)

施工前の外観です。スタッコ仕上げの外壁にアクセントの帯板がとてもおしゃれです。
施工前の外観です。スタッコ仕上げの外壁にアクセントの帯板がとてもおしゃれです。
T様のお悩みがこの帯板の劣化。「幕板」とも呼ばれますが主にケイ酸カルシウム板に表面処理を行ったものが多いようです。経年劣化により表面が剥がれてボロボロになっています。
T様のお悩みがこの帯板の劣化。「幕板」とも呼ばれますが主にケイ酸カルシウム板に表面処理を行ったものが多いようです。経年劣化により表面が剥がれてボロボロになっています。
バルコニーの手すり柱です。付け根の部分がくぼんで水が溜まりやすいため錆が発生しています。
バルコニーの手すり柱です。付け根の部分がくぼんで水が溜まりやすいため錆が発生しています。

3. 工事開始

3-1. 外壁塗装工事

外壁塗装を開始。まずは下塗りからです。

外壁塗装を開始。まずは下塗りからです。

クラック部分には専用補修剤を注入し下地処理を行います。

クラック部分には専用補修剤を注入し下地処理を行います。

表面の劣化が激しい帯板も下地処理を行います。

表面の劣化が激しい帯板も下地処理を行います。

鉄部の下塗りには白色の錆止め材を使用しました。

鉄部の下塗りには白色の錆止め材を使用しました。

外壁の中塗り・上塗りを行います。

外壁の中塗り・上塗りを行います。

雨樋は塗装で真っ白になりました。

雨樋は塗装で真っ白になりました。

4. 工事完了

施工後の外観です。

施工後の外観です。

外壁は淡いすみれ色になりました。とても爽やかな印象です。

外壁は淡いすみれ色になりました。とても爽やかな印象です。

錆だらけだったバルコニーの手すり。真っ白に輝いています。

錆だらけだったバルコニーの手すり。真っ白に輝いています。

表面の劣化が激しかった帯板もきれいに修復されました。

表面の劣化が激しかった帯板もきれいに修復されました。

5. T様から頂いた工事の感想「お客様の声」はこちら

色味も見本のお陰で思い通り、いや、思ったより素敵な仕上がりで、大変満足しています。

T様から頂いた「お客様の声」全文はこちらをご覧下さい

完成記念写真を撮らせて頂きました。

T様ありがとうございました!

6. T様と共通の施工事例

6-1. T様と共通の横浜市の施工事例

6-2. T様と同じ外壁塗料(アートフレッシュ)の施工事例

7. その他の施工事例とお客様の声

その他の施工事例はこちら

その他の施工事例はこちらから

その他のお客様の声はこちら

8. 施工事例データ

8-1. 塗歴・時期・工期

塗装履歴:初めての外壁塗装日程:2014年/平成26年
7月18日~8月1日
工期:15~16日間
(休工日含む)

8-2. 築年数・構造・外壁種類

築年数:12年~13年構造:木造/モルタル/2階建て,外壁の種類:吹き付けタイル(艶有り)

 

8-3. 足場・外壁・屋根・予算

足場:301㎡以上外壁:161㎡~180㎡屋根:塗装なし予算:100万円~150万円

8-4. 外壁塗料・屋根塗料・色

外壁塗料:SK化研/アートフレッシュ

塗装色:09-60B

細部塗装:日本ペイント/ファインウレタンU-100
塗装箇所:雨どい・ヒサシ・基礎水切・シャッターBOX・等