屋根が傷んでいると営業を受けたのでリピートしました。|練馬区A様邸

練馬区 A様邸外壁・屋根塗装事例
(2019年12月25日 完工)

ビフォー

アフター

【ビフォー】屋根ビフォー

【アフター】屋根アフター

工事のきっかけ・お客様とのエピソード

リピーターのお客様からの棟板金のご相談


練馬区のA様は平成20年に塗装をしたお客様で、築33年になります。

お電話いただいた時のお話では「数日前に屋根が壊れている」と営業があり「屋根板金の釘が抜けていて、貫板が腐っている」と写真と動画を見せられたそうです。

この貫板は、屋根の板金の中にすっぽりと隠れているため、通常は外から見ることが出来ません。

屋根の一番上を棟といい、その棟には板金が取付けられています。







参考画像 中央の一番高い部分が棟。奥側が棟板金、手前が棟板金が外れて貫板の状態。

棟板金は釘で「貫板」に打ち付けられているので、確かに「棟板金の釘が抜けて、その釘の穴から雨水が中に侵入して貫板が腐る」ことはあります。

雨水が侵入して貫板が腐るまでにはそれなりの年月が必要ですので、釘が抜けているだけでは貫板が腐っているかどうかは分かりません。

しかし、釘が抜けていることは見た目にも分かりやすいので、「釘が抜けている=危険な状態」とあおるセールストークにつながるのです。

釘が抜けていると営業が来たお客様で棟板金に問題があったことはほぼありません。A様も怪しいと思ったけれど築年数のこともあって、花まるリフォームにご連絡いただいたのでした。

見積もりの際に屋根に上り、棟板金を一通り確認しました。釘が浮いている箇所や抜けている箇所もありましたが、今すぐ対応しなければいけない状態ではありませんでした。

築年数から見て優先する補修箇所がいくつかあったため、まずは優先順位の高いものから対応することになりました。

見積もりから約10ヶ月、2つの大きな台風の直撃を受けても棟板金が飛ぶといった影響はありませんでしたが、工事期間中、板金屋さんが雨樋の交換のため屋根を移動していた際に状態の良くない棟板金を2つ見つけ、「貫板を交換してはどうか」と提案がありました。

この後、しばらく屋根に上る機会もないことから、貫板を急きょ交換しました。

施工前(外壁・屋根のチェック)

チョーキングという外壁の塗装の劣化が起きていました。チョーキングという外壁の塗装の劣化が起きていました。
外壁にひび割れが起きていました。外壁にひび割れが起きていました。
破風板の塗装が経年劣化で剥がれています。破風板の塗装が経年劣化で剥がれています。
窓の木枠も塗装が剥がれてボロボロになっています。窓の木枠も塗装が剥がれてボロボロになっています。
雨樋があちこちで歪みが出ています。雨樋があちこちで歪みが出ています。

工事開始

外壁塗装工事

外壁の高圧洗浄を行いました。木部の痛みが激しいところは注意しながら対応しました。外壁の高圧洗浄を行いました。木部の痛みが激しいところは注意しながら対応しました。
外壁の下塗りを行いました。塗料の密着を良くする効果があります。外壁の下塗りを行いました。塗料の密着を良くする効果があります。
外壁の下塗りが完了しました。外壁の下塗りが完了しました。
外壁の中塗りをしています。外壁の中塗りをしています。
外壁の上塗りが完了しました。外壁の上塗りが完了しました。
こちらも上塗り完了。庭の植木が汚れないようにしっかりと養生しています。こちらも上塗り完了。庭の植木が汚れないようにしっかりと養生しています。
エスケー化研のクリーンマイルドウレタンを使いました。色はSR-109です。エスケー化研のクリーンマイルドウレタンを使いました。色はSR-109です。

屋根塗装工事

屋根の高圧洗浄をしています。屋根の高圧洗浄をしています。
こちらは下屋根の下塗り作業です。こちらは下屋根の下塗り作業です。
屋根の下塗りが完了しました。塗ったばかりなので黒っぽく見えますが、下塗りは透明の塗料です。屋根の下塗りが完了しました。塗ったばかりなので黒っぽく見えますが、下塗りは透明の塗料です。
屋根の中塗りの様子。足場が屋根についている部分は一時的に足場を持ち上げて塗装します。屋根の中塗りの様子。足場が屋根についている部分は一時的に足場を持ち上げて塗装します。
屋根の中塗りが完了しました。傾斜が強いので作業しやすいように屋根の上にも足場をかけています。屋根の中塗りが完了しました。傾斜が強いので作業しやすいように屋根の上にも足場をかけています。
塗料で屋根瓦の隙間が埋まることを防ぐため、タスペーサーを設置しています。塗料で屋根瓦の隙間が埋まることを防ぐため、タスペーサーを設置しています。
屋根の上塗りをしています。タスペーサーも塗ってしまうので、タスペーサーの黒も目立たなくなります。屋根の上塗りをしています。タスペーサーも塗ってしまうので、タスペーサーの黒も目立たなくなります。
屋根が完成しました。屋根が完成しました。
エスケー化研のクールタイトを使っています。塗料の色はCLR106で、遮熱効果の高いグレーです。エスケー化研のクールタイトを使っています。塗料の色はCLR106で、遮熱効果の高いグレーです。

その他塗装工事

窓の木枠の劣化が激しかったため、板金をまいて補修しました。窓の木枠の劣化が激しかったため、板金をまいて補修しました。
こちらはベランダの窓枠。板金の色はグレーですが、外壁と同時に塗装するので目立たなくなります。こちらはベランダの窓枠。板金の色はグレーですが、外壁と同時に塗装するので目立たなくなります。
棟板金の状態が良くないので、急きょA様と相談をして補修をすることになりました。棟板金の状態が良くないので、急きょA様と相談をして補修をすることになりました。
棟板金の中の貫板がボロボロに腐っていました。棟板金の中の貫板がボロボロに腐っていました。
貫板を取り外していきます。貫板を取り外していきます。
こちらは別の棟板金を外した様子。瓦が割れているところは補修します。こちらは別の棟板金を外した様子。瓦が割れているところは補修します。

工事が完成しました!

綺麗にしあがりました。綺麗にしあがりました。
艶のある塗料なので、日当たりによってピカピカしているように見えます。艶のある塗料なので、日当たりによってピカピカしているように見えます。

工程の詳細はこちら 「ただ今塗替え中!」

A様と共通の施工事例

A様と共通の練馬区の施工事例

A様と同じクリーンマイルドウレタンの施工事例

施工事例データ

塗歴・時期・工期 塗装履歴:2回目の外壁塗装
日程:2019年/平成31年/令和元年
12月9日~12月25日
工期:15~16日間
(休工日含む)
築年数・構造・外壁種類 築年数:20年以上
構造:木造/モルタル/3階建て
外壁の種類:リシン吹き付け(艶消し)
足場・外壁・屋根・予算 足場:241㎡~260㎡
外壁:201㎡~220㎡
屋根:101㎡~120㎡
予算:150万円~200万円
外壁塗料・屋根塗料・色 外壁塗料:SK化研/クリーンマイルドウレタン
塗装色:SR-109
屋根塗料:SK化研/クールタイト
塗装色:CLR-106(グレー)
塗装色:CLR-121(セピアブラウン)
細部塗装:SK化研/クリーンマイルドシリコン
塗装箇所:雨どい・破風板・ヒサシ等
その他工事 大工補修工事
屋根改修工事