外壁の塗料

屋根・外壁塗装といっても「なんとなくきれいにしたい」と「建物の状況によって最適の塗料できれいにしたい」とでは塗り替え当初はどちらもきれいでもその後が大きく変わってきます。

塗料を選ぶ際の予備知識として、知っておくと参考になる話をご紹介いたします。

「艶有り塗料」と「艶消し塗料」

外壁の塗料は大きく分けると「艶のある塗料」「艶のない塗料」に分かれます。

ツヤのある・なしは見た目だけで大きな違いはないようにも思えますが、実は塗料の性能に大きく関係しています。

塗料の膜でしっかりと表面を密封するのが「艶有り塗料(艶を落とすことも可能)」の特徴で、「艶無し塗料」は空気や水分が出たり入ったりできます。

艶のある・ないって?

塗料の色を考える上で分かるようで分かりにくいのが「艶」です。

近所に新築時や塗装直後のお家があれば参考になるのですが、艶があったお家も数年で艶が落ち着きますし、光が当たらないと艶に気が付かないこともあります。

 

塗料の艶は、「全艶(艶のある状態)」艶消し添加剤を入れた「7分艶」「5分艶(半艶)」「3分艶」「艶消し」、そしてもともと艶のない「艶無し」とバリエーションがあります。

 

 艶有り塗料の全艶と全消し、艶無し塗料の塗り板を作ってみました

模様は、花まるリフォームで塗装する機会の多いスタッコ模様とくしびき模様の2種類。

艶有り塗料の「水性セラミシリコン」の全艶と艶消し、艶無し塗料の「アートフレッシュ」をそれぞれ塗装しました。

色は全て同じ色番号を指定したので同じに見えるはずですが、塗料の材料や艶、模様が違うだけで、色が違って見えるのが分かります。

 

 一見、艶無しと艶消しは同じに見えますが・・・

艶有りは光に反射してテカテカしています。

さっと見ると艶消しと艶無しは同じように見えますが、艶無し塗料は砂粒が混じっているので、塗装の膜が厚くなる分、少し模様が大きくなります。

画像では少しわかりづらいのが残念ですが、触ってみると艶有り・艶消しはツルっとしていて、艶無しはザラザラ。

このツルツルとザラザラの違いは塗り板ではさほど感じませんが、建物全体で見た時に大きく印象が違って見えてきます。

 

水分をはじく

比較のために作った塗り板に水を垂らして、3時間ほど放置してみました。

作ったばかりの塗り板は水を弾きやすいため、当初は6枚全てに水玉ができています。

3時間後、艶無しの上(くしびき)は水が消え、下(スタッコ)は水がベチャっとして染み込み途中。

艶有り・艶消しは水玉のまま、水をはじいています。これが塗料の膜の違いです。

 

外壁の組合せ

外壁の種類で使う塗料も変わります。

サイディング外壁は呼吸しない壁なので、艶のある塗料を使って水を弾いて外壁を守ります。

モルタル外壁は、水分が出入りをするタイプとしないタイプがあり、艶有り・艶無しのどちらも選べます。

ただし、出入りするタイプに水を弾く塗料を使うと、次に水が出入りする塗料を使っても最初の膜がを邪魔しますので、水の出入りはできないままです。

 

コケ汚れが嫌

コケや汚れが気になる方には艶有り塗料をオススメしています。

水分を吸って出すタイプのモルタル外壁は特に水分がとどまる時間が長いので、コケ汚れが付きやすくなります。

水分を弾く艶有り塗料なら、コケが生えにくくなります。

 

ひびに強力対応

ひびは大きさや深さにもよりますが、量が多くてしっかりと埋める時は艶有り塗料のゴム系弾性塗料がオススメです。

弾性塗料は割れが大きくなる時に一緒に伸びるので、塗膜が裂けることはありません。

 

風合いを残す

新築時から艶のない落ち着いた外壁の場合、そのまま新築時の風合いを残したい時は「艶無し塗料」になります。

艶有り塗料の艶消しは、砂粒が入っていないのでザラザラとした風合いが消えてしまいます。

 

外壁を生かす

サイディング外壁やタイルの見た目を活かしたい場合は、汚れから保護する透明な膜を作る「クリア塗料」があります。

クリア塗料は艶有り塗料ですが、艶を落として使うこともできます。

 

一般的な外壁塗装で「艶無し」というと、「艶あり塗料の艶を全て落としたマット仕上げ」のことだそうです。

時折、相見積もりを取ったお客様から「他社で艶無しで塗装できると言われた」と伺うことがあり、その時は「艶消し添加剤を混ぜる」のか「元々艶がない塗料」なのか、確認するようにしています。

「マット仕上げ」は表面に膜が張ってツルツルとするので、艶無し塗料のザラザラ感とは見た目が大きく異なります。(渡辺)

 

\フォローお願いします/

投稿者プロフィール

高橋 良一
花まるリフォーム代表。高橋塗装店の息子として世田谷で生まれ育ち22歳で職人デビュー38歳で花まるリフォームとして独立しました。戸建住宅の「外壁塗装」に関わることなら誰よりも知識と経験が有る、そんなイケナイ自負(苦笑)があります。仕事以外ではアニメとかマンガが好きな第一次オタク世代です。