世田谷区Y様邸|艶消し外壁の雰囲気を残したままアートフレッシュで塗り替えたい!

世田谷区Y様邸 外壁・屋根塗装工事(2016年9月9日 完工)

外壁塗装を考え始めたきっかけ

Y様のお家は12年前に分譲建売りで建てられました。
今回は初めての外壁塗装で、「ご近所のお家が外壁塗装をしているので我が家もそろそろかな?」と思いお見積りをご検討されたそうです。

お見積り検討の経緯

外壁塗装をするにあたりY様が見積もりを取られたのは一括見積りサイトでした。

一括見積りサイトとは、外壁塗装をしたい人が情報を登録すると、何社かの登録業者が見積もりを取りに来る、というサービスです。
「登録しているのは優良業者です」と謳っていますが、実情は手数料を払った業者なら誰でも登録できるところが多いです
(業者の技術やサービスが「優良」であるかどうかの審査や試験などはありません)

つまり、「紹介サービスの窓口」ではありますが、見積もりに来る業者の「質」の保証は無いわけです。

 

花まるリフォームを選んで頂けた理由

その中で、今回Y様に花まるリフォームを選んで頂けた理由は・・・

  • 塗料選び、提案の適切さ→Y様邸は、流行りのジョリパット外壁とリシン吹き付けのツートンカラーです。
    そのため、今回の塗り替えでも現状のジョリパットとリシンの艶消しの風合いをそのまま再生できる【アートフレッシュ】での外壁塗装をご提案致しました
  • 見積もりの丁寧さ→見積もりに2時間程度掛け、丁寧にヒアリング・計測・提案を行いました。
  • 計測数量の正確さ→足場や外壁の数量の出し方を正確に分かりやすく表記しています。(「一式」もほぼありません)

これらの総合評価で、「塗料の提案・お得感・安心感」を感じて頂きご依頼いただきました。

工事開始

作業前チェック 足場組み

施工前の屋根です。コケが生い茂っています。

施工前の屋根です。コケが生い茂っています。

雨樋の施工前です。

雨樋の施工前です。

外壁は表面の汚れが目立ちます。

外壁は表面の汚れが目立ちます。

笠木の施工前です。

笠木の施工前です。

施工前の帯板です。

施工前の帯板です。

シャッターボックスもやや退色が進んでいます。

シャッターボックスもやや退色が進んでいます。

高圧洗浄

はじめに高圧洗浄からはじめます。

屋根の洗浄中の様子です。

屋根の洗浄中の様子です。

外壁の洗浄の様子です。

外壁の洗浄の様子です。

屋根塗装

屋根塗装 下塗り SK化研 マイルドシーラーエポ

屋根の下塗りを行います。

屋根の下塗りを行います。

屋根の下塗りを行います。

下地

下地

屋根塗装 中塗り・上塗り SK化研 クールタイトSi(CLR-106)

屋根中塗り・上塗りを行います。
遮熱塗料・クールタイトSiを使用しました。

屋根中塗り

屋根中塗り

屋根中塗り

屋根中塗り

屋根中塗り

屋根中塗り

続いて上塗りです。

続いて上塗りです。

屋根上塗り

屋根上塗り

施工後の屋根です。

施工後の屋根です。

ツタの撤去

外壁を塗り替える前に、ツタの撤去を行います。
このままでは外壁塗装が出来ません。
ただ、ツタの撤去を行った事のある業者というのは意外と少なく、
家を建てた建築会社やハウスメーカーに処理や塗り替えを依頼しても
「ツタの撤去は出来ない」と断られるケースもあるそうです。
花まるリフォームでは、以前からツタの撤去を伴った外壁塗装を数多く行って来ましたので、
Y様邸のツタも「いつも通り」の工程で綺麗にする事が出来ます。
【ツタ撤去の施工事例】
・世田谷区 U様邸
世田谷区 K様邸
調布市  M様邸

塗装前に外壁のツタ撤去を行いました。 根がある程度取れたら、細かい部分をバーナーで焼き落とします。 ツタは下地表面に吸盤状に根を張る為、 完璧には落とせませんが、 できるだけ平らにすることで、塗装後の仕上がりも良くなります。

塗装前に外壁のツタ撤去を行いました。
根がある程度取れたら、細かい部分をバーナーで焼き落とします。
ツタは下地表面に吸盤状に根を張る為、完璧には落とせませんが、できるだけ平らにすることで、塗装後の仕上がりも良くなります。

ツタは枯れているので剥がすことは容易ですが、2階まで伸びていました。

ツタは枯れているので剥がすことは容易ですが、2階まで伸びていました。

外壁塗装

外壁塗装 下塗り SK化研 ミラクシーラーエポ

下塗りにはミラクシーラーエポを使用。

外壁の下塗り

外壁の下塗り

外壁の下塗り

外壁の下塗り

外壁塗装 上塗り SK化研 アートフレッシュ(15-40H)

続いて上塗りをかけます。
足場がありやりきれない面は足場撤去後に行います。
※アートフレッシュの施工事例はこちらをご覧ください→アートフレッシュの施工事例集

外壁の上塗り

外壁の上塗り

外壁の上塗り

外壁の上塗り

外壁の上塗り

外壁の上塗り

施工後の外観(足場有)

施工後の外観(足場有)

その他塗装

雨樋、鉄部塗装

Y様邸の細部塗装(雨樋・水切り)の様子です。ファインウレタンのN-15で塗装しています。

雨樋塗装

雨樋塗装

雨樋塗装

雨樋塗装

雨樋塗装

雨樋塗装

こちらは水切りの塗装です。

こちらは水切りの塗装です。

木部塗装 (ラティス)

お隣との境界にあるラティス(木部フェンス)を塗装しました。
上記の外壁を乾かしている間を使って塗っていきました。

木部をナフタデコールで塗装しています。

木部をナフタデコールで塗装しています。

外壁塗装(足場撤去後) SK化研 アートフレッシュ(15-40H)

最後に足場設置時に塗装できなかった1階の外壁を仕上げます。
敷地内が狭いと、足場が立っていて体が入らず、足場撤去後に塗装する場合があります。
Y様邸では玄関面の反対側、コンクリートに囲まれた東面の外壁の一部が該当します。

外壁の中塗りを行っています。

外壁の中塗りを行っています。

中塗りが完了しました。

中塗りが完了しました。

上塗りを行っています。

上塗りを行っています。

施工後の外観です。 本日塗装した場所はこの裏側になり見えませんが、全体がしっかり塗装されたのが分かります。

施工後の外観です。
本日塗装した場所はこの裏側になり見えませんが、全体がしっかり塗装されたのが分かります。

外壁塗装工事が完成しました!

各部の塗装詳細

施工後の屋根の様子です。 遮熱塗料で反射し光り輝いています。

施工後の屋根の様子です。
遮熱塗料で反射し光り輝いています。

雨樋施工後の様子です。 ツヤが出てほとんど塗装前と変わらない色にもかかわらず、印象は大きく異なります。

雨樋施工後の様子です。
ツヤが出てほとんど塗装前と変わらない色にもかかわらず、印象は大きく異なります。

外壁の施工後の様子。

外壁の施工後の様子。

笠木の施工後の様子です。

笠木の施工後の様子です。

帯板の施工後です。水切りも綺麗に塗装され、白いアクセントが効いています。

帯板の施工後です。水切りも綺麗に塗装され、白いアクセントが効いています。

シャッターボックスも塗装されました。

シャッターボックスも塗装されました。

工事完成外観

 

完成です!

 

Y様から頂いた工事の感想「お客様の声」はこちら

Sk-Y201609-2.jpg

補助金利用の際には、丁寧なご指導のおかげで、手続きがスムーズに進みました。

※Y様から頂いた「お客様の声」全文はこちらからご覧下さい→

施工事例データ

塗装履歴・工事日程・工事日数

塗装履歴:初めての外壁塗装日程:2016年/平成28年
8月18日~9月6日
工期:19~20日間
(休工日含む)

築年数・建物の構造・外壁の種類

築年数:12年~13年構造:木造/モルタル/2階建て外壁の種類:ジョリパット+リシン吹き付け

足場・外壁・屋根・予算

足場:201㎡~220㎡外壁:161㎡~180㎡屋根:61㎡~80㎡予算:100万円~150万円

外壁塗料・屋根塗料・色

外壁塗料:SK化研/アートフレッシュ
塗装色:15-40H
塗装色:22-80D
屋根塗料:SK化研/クールタイトSi
塗装色:CLR-106
細部塗装:日本ペイント/ファインウレタンU-100
塗装箇所:雨どい・ヒサシ・基礎水切・シャッターBOX・等

その他工事

ツタ撤去
世田谷区環境配慮型リノベーション補助金を申請

Y様と共通の施工事例

Y様と共通の世田谷区の施工事例

投稿は見つかりませんでした

Y様と同じ外壁塗料(アートフレッシュ)の施工事例

投稿は見つかりませんでした

その他の施工事例はこちら

その他のお客様の声はこちら

 

なんと無料!外壁塗装で後悔しないための小冊子プレゼント

同業者の仲間に「外壁塗装の教科書」と言われた小冊子をまとめてプレゼントしています。
  • 外壁塗装で後悔しないための ~業者選びと成功の秘訣~
  • 外壁塗装で後悔しないための ~見積もり依頼実践編~
  • 最新施工事例 お客様の生の声満載の ~はなまる通信~