三井ホームのジョリパッド外壁の塗装とブリード現象|世田谷区Y様邸

世田谷区 Y様邸外壁・屋根塗装事例
(2020年04月04日 完工)

ビフォー

アフター

工事のきっかけ・お客様とのエピソード

点検で塗装の見積もりとシロアリ駆除の見積もりをもらいました。


Y様は建売を購入され、販売したハウスメーカーの点検を受けて、経年劣化の補修と外装の塗装、シロアリ駆除の見積もりをいただいたそうです。

世田谷区の補助金を受けることを考えて、世田谷区にある花まるリフォームにご連絡をいただきました。

見積もりのために現場を訪れてみると、Y様邸は建物の土台部分が鉄筋コンクリートでできている「ベタ基礎」。

ベタ基礎の場合は、湿気が少なくてシロアリが住みにくくまたコンクリートは食べられない素材なので、基礎のひび割れなどから侵入しない限りはシロアリ被害はありません。

シロアリ駆除は不要と判断し、外壁周りを細かくチェックしていきました。

換気カバーの周辺にブリードの汚れが出ていました。


ブリードは、雨漏り防止等のために取り付けるコーキングが原因で起こる現象です。

コーキング剤を主に柔らかく保つ目的で使う可塑剤がコーキングの表面に染み出してきて、周りの汚れや塗料に反応して汚れていく現象です。

Y様邸では、換気フードのコーキングの上に外壁材のリシンを吹き付けてあるところがあり、このコーキングから可塑剤がリシンの表面に染み出してきて塗料と反応したものと思われます。(外壁が汚れる)

またリシンを吹き付けた後に換気フードを取付けてコーキングをしてあるところもあって、こちらは粘着しやすい性質から汚れを引き寄せ、また雨粒が当たってはねることで周りを汚してしまいます。(コーキングが汚れる)



こういった汚れを防ぐため、最近ではブリードを起こさない「ノンブリード」のコーキング剤が主流になってきました。

Y様邸ではブリードするコーキング剤だったようで、このまま塗装をしてもまた可塑剤が染み出して汚れてきます。

そのため、ブリードを防ぐ下塗り剤をつける事になりました。

<<参考事例>>



ひび割れや盛り上がり等、補修した後がないのに一部が変色している外壁。

こういった変色は、塗った時期や塗料が違う(部分補修)・ひび割れをコーキングで埋めて塗装した(ブリード現象)等で起こります。

外壁の模様が途切れていないので、新築時にひび割れをコーキング剤で埋めて、その上に外壁材をつけ、可塑剤が染み出してきたと思われます。

施工前(外壁・屋根のチェック)

壁のひび割れがありました。壁のひび割れがありました。
壁の汚れがあちこちに見えています。壁の汚れがあちこちに見えています。
ベランダに収納棚がすっぽり入っています。外壁を塗るために収納棚を取り出すことになりました。ベランダに収納棚がすっぽり入っています。外壁を塗るために収納棚を取り出すことになりました。
換気フードの周りが汚れているのは、設置した時に雨漏り防止で取付けたコーキングの可塑剤が外壁の上に染み出して塗料や汚れに反応するブリードによるものです。換気フードの周りが汚れているのは、設置した時に雨漏り防止で取付けたコーキングの可塑剤が外壁の上に染み出して塗料や汚れに反応するブリードによるものです。

工事開始

外壁塗装工事

外壁の汚れを洗い流しています。汚れが落ちているのがよく分かります。外壁の汚れを洗い流しています。汚れが落ちているのがよく分かります。
こちらも外壁の高圧洗浄の様子です。こちらも外壁の高圧洗浄の様子です。
外壁の下塗りをしています。汚れては困る部分は養生をしています。外壁の下塗りをしています。汚れては困る部分は養生をしています。
外壁の下塗りが終わりました。下塗りにはこの後に塗る塗料の付きを良くする効果があります。外壁の下塗りが終わりました。下塗りにはこの後に塗る塗料の付きを良くする効果があります。
外壁の中塗りがスタートしました。塗装不良にならないよう丁寧に塗装していきます。外壁の中塗りがスタートしました。塗装不良にならないよう丁寧に塗装していきます。
こちらも中塗りの様子。汚れては困る場所はしっかりと養生しています。こちらも中塗りの様子。汚れては困る場所はしっかりと養生しています。
外壁の上塗りが完成しました。外壁の上塗りが完成しました。

屋根塗装工事

屋根の洗浄の様子です。屋根の洗浄の様子です。
屋根とともに雨樋の中もしっかりと洗い流していきます。屋根とともに雨樋の中もしっかりと洗い流していきます。
屋根の下塗りがスタート。この時に割れがないかチェックしていきます。屋根の下塗りがスタート。この時に割れがないかチェックしていきます。
屋根の下塗りとチェックができました。屋根の下塗りとチェックができました。
屋根の中塗りです。今回は遮熱効果の高いグレーで塗装しています。屋根の中塗りです。今回は遮熱効果の高いグレーで塗装しています。
屋根の中塗りができました。しっかりと乾燥させています。屋根の中塗りができました。しっかりと乾燥させています。
屋根の上塗りをしています。瓦と瓦の隙間など、段差や隙間もきっちりとダメ直しが出ないように塗っていきます。屋根の上塗りをしています。瓦と瓦の隙間など、段差や隙間もきっちりとダメ直しが出ないように塗っていきます。
屋根の塗装が完成しました。屋根の塗装が完成しました。
屋根塗料はエスケー化研のクールタイトSi (CLR-106 グレー)を塗装しました。屋根塗料はエスケー化研のクールタイトSi (CLR-106 グレー)を塗装しました。

その他塗装工事

トタンヒサシ部分は錆止めを塗ってから塗装しています。トタンヒサシ部分は錆止めを塗ってから塗装しています。
バルコニーの下にサンルームがあって、その隙間部分も狭いですがしっかりと塗装しています。バルコニーの下にサンルームがあって、その隙間部分も狭いですがしっかりと塗装しています。
基礎のすぐ上の水切り部分の塗装しています。基礎のすぐ上の水切り部分の塗装しています。

工程の詳細はこちら 「ただ今塗替え中!」

Y様から頂いた工事の感想「お客様の声」はこちら

はなまるさんのお仕事ぶりはご近所にも好評でした。もちろんお勧めしたいと思います!|世田谷区Y様


Y様から頂いた「お客様の声」全文はこちらをご覧下さい

完成記念写真を撮らせて頂きました。 Y様ありがとうございました!

Y様と共通の施工事例

Y様と共通の世田谷区の施工事例

Y様と同じアートフレッシュの施工事例

施工事例データ

塗歴・時期・工期 塗装履歴:初めての外壁塗装
日程:2020年/令和2年
3月24日~4月4日
工期:11~12日間
(休工日含む)
築年数・構造・外壁種類 築年数:14年~15年
構造:木造/モルタル/2階建て
外壁の種類:リシン吹き付け(艶消し)
足場・外壁・屋根・予算 足場:301㎡以上
外壁:221㎡~240㎡
屋根:101㎡~120㎡
予算:150万円~200万円
外壁塗料・屋根塗料・色 外壁塗料:SK化研/アートフレッシュ
塗装色:AC1212
屋根塗料:SK化研/クールタイトSi
塗装色:CLR-106(グレー)
細部塗装:SK化研/クリーンマイルドシリコン
塗装箇所:雨どい・破風板・ヒサシ・基礎水切等