建物によって屋根勾配が違う理由は?

屋根勾配が違う理由

建物によって屋根勾配が違う理由は様々ですが、下記のような都合により条件と選択肢が考えられます。

  • 一般住宅の場合は必要十分な機能性とコストパフォーマンスに関係するから
  • 屋根建材の種類により最低勾配が一定条件決められているから
  • 建築基準法による「北側斜線制限」があるから
  • 建物のデザイン上の都合
  • 屋根裏収納やロフト・吹き抜け等、室内空間の有効活用をしたいから
  • 鉄筋コンクリート・鉄骨・木造など、建物の構造による理由

このように様々な都合が組み合わさって屋根の勾配が決まっていきます。

\フォローお願いします/

投稿者プロフィール

高橋 良一
花まるリフォーム代表。高橋塗装店の息子として世田谷で生まれ育ち22歳で職人デビュー38歳で花まるリフォームとして独立しました。戸建住宅の「外壁塗装」に関わることなら誰よりも知識と経験が有る、そんなイケナイ自負(苦笑)があります。仕事以外ではアニメとかマンガが好きな第一次オタク世代です。

なんと無料!外壁塗装で後悔しないための小冊子プレゼント

同業者の仲間に「外壁塗装の教科書」と言われた小冊子をまとめてプレゼントしています。
  • 外壁塗装で後悔しないための ~業者選びと成功の秘訣~
  • 外壁塗装で後悔しないための ~見積もり依頼実践編~
  • 最新施工事例 お客様の生の声満載の ~はなまる通信~