築24年目のサイディング初塗り替え&シール打ち直し

墨田区I様邸 外壁屋根塗装工事(2011年9月30日 完工)

工事のきっかけ・お客様とのエピソード

I様のお家は昨年花まるリフォームで外壁塗装をさせて頂いたN様からのご紹介でした。

花まるリフォームも5年目を迎え、工事のご紹介を頂く事も増えきて、とても嬉しく思っています。

I様のお家は、築24年目で、初めての外壁塗装塗替えになります。

外壁はサイディングで、見た目はとても24年経っているようには見えません。

しかし、木部やサイディングのシール(コーキング)の劣化は隠せません。

きちんと築年数の経過に従って劣化はしていくものです。

そこで今回の外壁塗装のきっかけは【築年数に即したメンテナンス】でした。

サイディングですから、必ず目地シールの交換をしなければなりません。

I様邸ではサイディングの板と板の間の目地に詰まっているコーキングシールの交換と、サイディングとサッシの間に詰まっているコーキングシール部分には打ち増していく工事が、外壁塗装の前に入りました。

今回、I様邸の外壁塗装の塗料選びでは、建物の一部がアパート兼になっているため、油性塗料を使うのを控えました。

本来、サイディングには油性塗料が適しているのですが、こういう場合は仕方がありません。

水性のシリコン系塗料(SK化研:水性セラミシリコン)を使用しました。

この場合の注意点は、きちんと洗浄し古い塗料の粉成分やホコリを落として綺麗な下地を作っておく事です。

油性が適している理由の1つには、【密着性】があります。

サイディングの板は、モルタルと違い塗った塗料が下地に吸い込まれる率が低いので、どうしても表面で「接着する」ような付き方になってしまいます。

下地にある程度吸い込まれながら固まるモルタルは、自然な密着力が生まれますが、サイディングはそうはならないので、剥がれに十分注意する事が必要です。

そこで下塗りシーラーには、SK化研の下塗り材の中から密着力の強い水性ミラクシーラーエコを塗りました。

お化粧直しが終わったI様邸はピカピカになり、I様にも喜んでいただけました。

I様、ありがとうございました!

施工前の状態はこちら

サイディング塗膜劣化によるチョーキング

サイディング塗膜劣化によるチョーキング

サイディングのシールひび割れ

サイディングのシールひび割れ

階段鉄部のサビ

階段鉄部のサビ

工事開始

外壁塗装

高圧洗浄作業

高圧洗浄作業

サイディングのシール打ち直し

サイディングのシール打ち直し

塗装作業の前に養生

塗装作業の前に養生

劣化した破風板をケレン

劣化した破風板をケレン

外壁:下塗り

外壁:下塗り

外壁:上塗り

外壁:上塗り

工事完了

サイディングも目地もピカピカ

サイディングも目地もピカピカ

階段も塗り替えてスッキリ

階段も塗り替えてスッキリ

雨どい・破風板

雨どい・破風板

施工事例データ

塗装履歴・工事日程・工事日数

塗装履歴:初めての外壁塗装日程:2011年/平成23年
9月15日~9月30日
工期:15~16日間
(休工日含む)

築年数・建物の構造・外壁の種類

築年数:20年以上構造:木造/サイディング/2階建て外壁の種類:窯業系サイディング(単色仕上げ)

足場・外壁・屋根・予算

足場:301㎡以上外壁:201㎡~220㎡屋根:塗装なし予算:100万円~150万円

外壁塗料・屋根塗料・色

外壁塗料:SK化研/水性セラミシリコン

その他工事

サイディングシール交換工事(コーキング交換)

I様と共通の施工事例

I様と共通のその他の23区の施工事例

投稿は見つかりませんでした

I様と同じ外壁塗料(水性セラミシリコン)の施工事例

投稿は見つかりませんでした

その他の施工事例はこちら

その他のお客様の声はこちら

 

なんと無料!外壁塗装で後悔しないための小冊子プレゼント

同業者の仲間に「外壁塗装の教科書」と言われた小冊子をまとめてプレゼントしています。
  • 外壁塗装で後悔しないための ~業者選びと成功の秘訣~
  • 外壁塗装で後悔しないための ~見積もり依頼実践編~
  • 最新施工事例 お客様の生の声満載の ~はなまる通信~