サイディング裂け目補修を含む外壁塗装|世田谷区N様邸

世田谷区 N様邸外壁・屋根塗装事例

ビフォー

アフター

工事のきっかけ・お客様とのエピソード

カーポートの屋根は外す場合と外さない場合があります。


N様から自宅と実家の外壁塗装をしたいとご相談を受け、ご実家の下見に伺いました。

カーポートの屋根は波板でできていて、壊れやすいので取り外しに注意が必要です。

外壁部分とカーポートが近い場合は足場を建てることができないので、どうしてもカーポートの中から足場を建てることになります。

N様邸のカーポートも外壁に近く、足場を建てるには屋根を取り外す必要がありました。

波板が古いこともあり、N様と相談の上、今回は取り外した波板は処分して、新しいものへと交換することになりました。

施工前(外壁・屋根のチェック)

破風板の塗装がめくれて下地が見えていました。破風板の塗装がめくれて下地が見えていました。
釘を打った後、壁と同色のシール材で覆っていたと思われます。外壁とシールは素材が違うため、経年劣化の色の変化が違い、汚れのように目立っています。釘を打った後、壁と同色のシール材で覆っていたと思われます。外壁とシールは素材が違うため、経年劣化の色の変化が違い、汚れのように目立っています。
外壁の直ぐ側にカーポートがあります。屋根の波板を外さないと、足場をかけることが難しい作りです。外壁の直ぐ側にカーポートがあります。屋根の波板を外さないと、足場をかけることが難しい作りです。
屋根は日本瓦なので、塗装は色を変える程度の影響しかありませんので、今回は屋根の塗装はしません。屋根は日本瓦なので、塗装は色を変える程度の影響しかありませんので、今回は屋根の塗装はしません。
金属製の外階段はサビがあちこち見えていました。金属製の外階段はサビがあちこち見えていました。
ステップ部分の表面のシートを止めているシール材が切れて、シートがめくれ上がっています。ステップ部分の表面のシートを止めているシール材が切れて、シートがめくれ上がっています。

工事開始

外壁塗装工事

外壁の洗浄中です。外壁の洗浄中です。
外壁の下塗り中です。外壁の下塗り中です。
下塗りが完了しました。下塗りが完了しました。
下塗りが乾いたら中塗りを始めます。下塗りが乾いたら中塗りを始めます。
中塗りが完了しました。中塗りが完了しました。
外壁の上塗り中です。外壁の上塗り中です。
上塗り中です。上塗り中です。
外壁他、全ての塗装が完了しました。外壁他、全ての塗装が完了しました。
外壁に使用した塗料です。(エスケー化研 水性セラミシリコン SR-165)外壁に使用した塗料です。(エスケー化研 水性セラミシリコン SR-165)

その他塗装工事

外壁の一部には裂け目を補修したと思われるシールをしてあるところがありました。外壁の一部には裂け目を補修したと思われるシールをしてあるところがありました。
補修されている部分にもしっかりとシールをやり直します。補修されている部分にもしっかりとシールをやり直します。
外壁の目地部分に下地材を塗装しています。外壁の目地部分に下地材を塗装しています。
下地材の塗装が終わったら、コーキング材を入れて平らにならします。下地材の塗装が終わったら、コーキング材を入れて平らにならします。
コーキング材を入れ終わったら、しっかりと乾かします。コーキング材を入れ終わったら、しっかりと乾かします。
雨戸もきれいに塗装しました。雨戸もきれいに塗装しました。
鉄部の階段の裏側のサビや汚れを金属製のスポンジで削り落としています。鉄部の階段の裏側のサビや汚れを金属製のスポンジで削り落としています。
サビの量によっては、ヘラを使ってサビを落とす場合もあります。サビの量によっては、ヘラを使ってサビを落とす場合もあります。
サビを落とした後は、下地に錆止め剤を塗装してから、塗料で塗装します。サビを落とした後は、下地に錆止め剤を塗装してから、塗料で塗装します。

工程の詳細はこちら 「ただ今塗替え中!」

N様と共通の施工事例

N様と共通の世田谷区の施工事例

N様と同じ水性セラミシリコンの施工事例

施工事例データ

塗歴・時期・工期
日程:2020年/令和2年
8月17日~8月31日
工期:15~16日間
(休工日含む)
築年数・構造・外壁種類
構造:木造/サイディング/2階建て
外壁の種類:窯業系サイディング(単色仕上げ)
足場・外壁・屋根・予算 足場:281㎡~300㎡
外壁:201㎡~220㎡
屋根:塗装なし
予算:100万円~150万円
外壁塗料・屋根塗料・色 外壁塗料:SK化研/水性セラミシリコン
塗装色:SR-165
細部塗装:SK化研/クリーンマイルドシリコン
塗装箇所:雨どい・ヒサシ等
その他工事 サイディングシール交換工事(コーキング交換)