築9年。シールのはがれが気になる外壁塗装|世田谷区T様邸

世田谷区 T様邸外壁・屋根塗装事例

ビフォー

アフター

工事のきっかけ・お客様とのエピソード

シールに隙間ができているのが気になります。


T様からメールでご連絡をいただいて、下見に行きました。

築年数が9年と初回の塗装を考えるには少し早いタイミングでした。

建物を見ると、屋根やサイディング外壁の傷みはさほどないのですが、シール部分が外壁から外れてしまったり、真ん中で裂けてしまっていて、不安になるのも納得の状況でした。

今回は屋根の状態が良いので塗装はせずに、シールの打ち直しと外壁の塗装のみを行うことにしました。

サイディング外壁は、サイディングボードという板状のものを並べて外壁にしています。

建物が地震等で揺れると、1枚が受けた衝撃を玉突き事故のように次々に隣のボードへと衝撃が伝わってしまいます。

そうすると、何枚ものボードに影響してしまうため、ゴム製の伸び縮みする素材をボードとボードの間に挟むことにより、衝撃をそこで食い止めようとしているのがシールです。

他にも、境目はどうしても雨漏りの原因になりやすいので、雨水の侵入を防ぐ役割があります。

シールの寿命は10年程度


シールのコーキング材は紫外線で劣化していくので、耐用年数は10年程度と言われています。

経年劣化の場合、厚みのあったシールが縮んで薄くなる(痩せる)、全体に細かなヒビが入って最終的に大きな裂け目になります。

T様邸の場合、シールが極端に痩せているわけでもなく、綺麗なままで外壁からはがれている部分や左右についたまま真ん中から裂けている部分がありました。

シール屋さんの話では、シールの厚みが少ない場合や施工不良があると起こりやすい症状とのこと。

シールの厚み不足はボードとボードの間の溝の深さが少ない場合に起きやすく、溝を深くしようとサイディングボードを貼り直すのは現実的ではありません。

応急処置的な方法になりますが、溝の底部分を叩いて奥に押して、溝の深さを増やすことになりました。

サイディングボードの割れの補修


T様からは、サイディングボードを止めるために釘を打った部分から割れている5cm程度の部分が目立つと相談がありました。

壁が割れているものの元々のカケラはなくなっていないので、一見するとカケラを接着すればきれいに治るように見えます。

シール屋さんに相談したところ、今回シールをすべて打ち直すので、シールが乾く際に縮んで周辺のサイディングボードを引っ張ってしまう。

そうすると5cm程度の小さなカケラでは引っ張られると浮き上がってくる、割れた部分に入れる補修のシールは少なすぎるので、かけらが浮くとその部分が持たずに耐久性が落ちてしまう。

カケラを取り除いて、全体に厚みを付けてシールで覆ってしまえば、見栄えは劣るけれど耐久性は保てる(通常のシール部分と同等)

と、的確なアドバイスがあり、T様と相談した結果、シール屋さんオススメの補修方法で対応していただくことになりました。

施工前(外壁・屋根のチェック)

シールが右側がはがれ、ところどころ真ん中も裂けています。シールが右側がはがれ、ところどころ真ん中も裂けています。
こちらは左側がはがれて、真ん中もかなり裂けています。こちらは左側がはがれて、真ん中もかなり裂けています。
こちらは左側がほぼはがれてしまっています。釘の部分はサイディングが割れていました。こちらは左側がほぼはがれてしまっています。釘の部分はサイディングが割れていました。
左右の外壁部分にしっかりとくっついていますが、真ん中が完全に裂けています。左右の外壁部分にしっかりとくっついていますが、真ん中が完全に裂けています。
サイディングを止める釘から完全に割れてしまっています。サイディングを止める釘から完全に割れてしまっています。

工事開始

外壁塗装工事

ベランダの内側には苔の汚れがついていましたが、高圧洗浄できれいに汚れが落ちました。ベランダの内側には苔の汚れがついていましたが、高圧洗浄できれいに汚れが落ちました。
高圧洗浄で外壁の汚れを落としていきます。高圧洗浄で外壁の汚れを落としていきます。
アクセント色の下塗りをしています。アクセント色の下塗りをしています。
アクセント色の中塗りです。凹凸があるので丁寧に塗っていきます。アクセント色の中塗りです。凹凸があるので丁寧に塗っていきます。
中塗りが乾いた後は、上塗りで仕上げます。中塗りが乾いた後は、上塗りで仕上げます。
こちらはクリア塗装。クリアの塗料は下塗りをすると黄ばんで変色をすることがあるので、下塗り材を使わずに2回塗りにします。こちらはクリア塗装。クリアの塗料は下塗りをすると黄ばんで変色をすることがあるので、下塗り材を使わずに2回塗りにします。
クリア塗装の2回目、上塗りです。2回塗りでしっかりと塗膜を作ります。クリア塗装の2回目、上塗りです。2回塗りでしっかりと塗膜を作ります。
アクセント部分 (クリーンマイルドウレタン 75-30D)アクセント部分 (クリーンマイルドウレタン 75-30D)
クリア塗装 (クリーンSDトップ 3分艶)クリア塗装 (クリーンSDトップ 3分艶)

その他塗装工事

シールをゆっくりとはがしていきます。シールをゆっくりとはがしていきます。
左右を汚れないようにマスキングテープで覆った後に、下塗り材を丁寧に塗っていきます。左右を汚れないようにマスキングテープで覆った後に、下塗り材を丁寧に塗っていきます。
元々のシールの色の充填剤を溝に注入していきます。元々のシールの色の充填剤を溝に注入していきます。
シールを平らにならして、しっかりと充填するとともに見た目を整えます。シールを平らにならして、しっかりと充填するとともに見た目を整えます。
乾いた後に養生のマスキングテープをはがして出来上がりです。乾いた後に養生のマスキングテープをはがして出来上がりです。
割れた部分は、シールで補修をしました。割れた部分は、シールで補修をしました。

工程の詳細はこちら 「ただ今塗替え中!」

T様と共通の施工事例

T様と共通の世田谷区の施工事例

T様と同じクリーンSDの施工事例

施工事例データ

塗歴・時期・工期 塗装履歴:初めての外壁塗装
日程:2020年/令和2年
6月15日~6月29日
工期:11~12日間
(休工日含む)
築年数・構造・外壁種類 築年数:10年未満
構造:木造/サイディング/2階建て
外壁の種類:窯業系サイディング(単色仕上げ)
足場・外壁・屋根・予算 足場:201㎡~220㎡
外壁:141㎡~160㎡
屋根:塗装なし
予算:100万円~150万円
外壁塗料・屋根塗料・色 外壁塗料:SK化研/クリーンマイルドウレタン
外壁塗料:SK化研/クリーンSDトップ(クリヤー:3分艶)

塗装色:75-30D
塗装色:クリヤ
細部塗装:SK化研/クリーンマイルドシリコン
塗装箇所:雨どい・破風板・ヒサシ・基礎水切・シャッターBOX等
その他工事 サイディングシール交換工事(コーキング交換)