築35年の2棟連なった長屋の外壁と屋根の塗装。|杉並区川崎様邸

杉並区 K様邸外壁・屋根塗装事例

ビフォー

アフター

【ビフォー】屋根ビフォー

【アフター】屋根アフター

工事のきっかけ・お客様とのエピソード

築35年の長屋の中古住宅です。


K様からご連絡をいただいたのは、外壁と屋根の塗装に、ベランダ裏のはがれの補修でした。

お見積りにお伺いして、建物をよく見るとお隣との境がなく、建物が一つで玄関が各戸についた「長屋」(テラスハウス)でした。

K様の場合は真ん中の壁を共有した2戸の長屋タイプ。

お隣の方が先行して塗装をしたそうで、外壁の色が違っているので境目ははっきりと分かります。

足場はお隣まで覆うわけにはいかないので、お隣の壁部分だけ抜いたコの字型に立て、屋根の部分で太い親綱ロープを渡して固定することになりました。

ベランダ部分のはがれの原因は雨漏り。


ベランダの軒裏部分が数10cmもの隙間が開いて垂れ下がっていました。

このはがれ周辺に雨水がたまって柱等が腐り、水の重みで角の繋ぎ目部分から裂けてきているようです。

問題は、どこから雨が漏っているのかということ。

手すりや笠木等の鉄部はサビが出始めていますし、ベランダの角の部分も痛みがあるため、この防水部分が切れていることも考えられます。

ベランダの角の部分は、雨水が溜まって縦樋に流れ落ちる途中になるため、下手に補修して蓋をしてしまうと、そこだけ高くなって今度は雨水をせき止めてしまう恐れがあります。

治すには、雨水が流れる内樋からやり直す必要があるので大掛かりな工事になります。

そのため、笠木の手すりの根元部分はしっかりとコーキングで補修し、角の部分は直さずに様子を見ることになりました。

施工前(外壁・屋根のチェック)

K様邸は長屋なので、白い外壁部分はお隣の外壁で、ベージュが川崎様邸になります。K様邸は長屋なので、白い外壁部分はお隣の外壁で、ベージュが川崎様邸になります。
ベランダの軒裏が雨漏りが原因で垂れ下がっています。ベランダの軒裏が雨漏りが原因で垂れ下がっています。
駐車場部分の軒裏もはがれて落ちそうになっている部分があります。駐車場部分の軒裏もはがれて落ちそうになっている部分があります。
ベランダの手すり部分。塗装がはげてサビが出ています。ベランダの手すり部分。塗装がはげてサビが出ています。

工事開始

外壁塗装工事

ベランダの内壁の高圧洗浄を行いました。ベランダの内壁の高圧洗浄を行いました。
こちらは窓枠部分の洗浄。こちらは窓枠部分の洗浄。
塗料がついては困る場所に養生をして、外壁の下塗りしています。塗料がついては困る場所に養生をして、外壁の下塗りしています。
外壁の下塗りが出来上がりました。外壁の下塗りが出来上がりました。
外壁の中塗りをしています。外壁の中塗りをしています。
モルタルですが、サイディングのような溝がつけられており、溝もしっかりと塗装しました。モルタルですが、サイディングのような溝がつけられており、溝もしっかりと塗装しました。
外壁の上塗り作業をしています。外壁の上塗り作業をしています。
お隣との境が狭いため、慎重に作業しています。お隣との境が狭いため、慎重に作業しています。
外壁塗料(水性セラミシリコン SR-163)外壁塗料(水性セラミシリコン SR-163)

屋根塗装工事

屋根の高圧洗浄を行っています。屋根の高圧洗浄を行っています。
長屋なので、お隣との境目をしっかりと守って洗浄完了です。長屋なので、お隣との境目をしっかりと守って洗浄完了です。
屋根の下塗りをしています。屋根の下塗りをしています。
屋根の下塗りが出来上がりました。もちろん塗装するのはお隣との境目まで。屋根の下塗りが出来上がりました。もちろん塗装するのはお隣との境目まで。
遮熱効果の高い塗料で屋根の中塗りを開始しました。遮熱効果の高い塗料で屋根の中塗りを開始しました。
屋根の中塗りが出来上がりました。屋根の中塗りが出来上がりました。
続いて屋根の上塗り作業です。しっかりと丁寧に塗装しています。続いて屋根の上塗り作業です。しっかりと丁寧に塗装しています。
屋根の塗装が出来上がりました。屋根の塗装が出来上がりました。
屋根塗料 水性クールタイトシリコン CLR-106屋根塗料 水性クールタイトシリコン CLR-106

その他塗装工事

雨漏りで傷んだバルコニーの軒裏部分を取り外していきます。雨漏りで傷んだバルコニーの軒裏部分を取り外していきます。
垂れ下がっていた部分を取り除きました。垂れ下がっていた部分を取り除きました。
柱の木材が雨水がしみて腐りかけていました。柱の木材が雨水がしみて腐りかけていました。
一部だけ取り外すと部分的に見た目が変わるので、違和感の出にくい部分で収まるようにはがしています。一部だけ取り外すと部分的に見た目が変わるので、違和感の出にくい部分で収まるようにはがしています。
ベランダを支える新しい柱を追加しました。ベランダを支える新しい柱を追加しました。
新しい軒裏を貼りました。板の境目は建物が揺れた時の衝撃を和らげるため、溝ができています。新しい軒裏を貼りました。板の境目は建物が揺れた時の衝撃を和らげるため、溝ができています。
釘穴が目立たないようにパテを詰めています。釘穴が目立たないようにパテを詰めています。
塗装が終わり、軒天がきれいに仕上がりました。塗装が終わり、軒天がきれいに仕上がりました。

工程の詳細はこちら 「ただ今塗替え中!」

K様と共通の施工事例

K様と共通の杉並区の施工事例

K様と同じ水性セラミシリコンの施工事例

施工事例データ

塗歴・時期・工期 塗装履歴:3回目の外壁塗装
日程:2020年/令和2年
6月11日~6月25日
工期:13~14日間
(休工日含む)
築年数・構造・外壁種類 築年数:20年以上
構造:木造/モルタル/2階建て
外壁の種類:リシン吹き付け(艶消し)
足場・外壁・屋根・予算 足場:201㎡~220㎡
外壁:121㎡~140㎡
屋根:40㎡以下
予算:50万円~100万円
外壁塗料・屋根塗料・色 外壁塗料:SK化研/水性セラミシリコン
塗装色:SR-163
屋根塗料:SK化研/クールタイト
塗装色:CLR-106(グレー)
細部塗装:SK化研/クリーンマイルドシリコン
塗装箇所:雨どい・ヒサシ・基礎水切等
その他工事 大工補修工事