国分寺市 A様邸|輝く白。引き締める黒!

天平の香りたなびく緑豊かな環境

国分寺市 A様邸 外壁・屋根施工事例(2014年5月12日 完工)

ビフォーアフター

 

1. 工事のきっかけ・お客様とのエピソード

A様邸は武蔵国分寺跡緑地そばの緑豊かな抜群の環境に建っています。
今回が初めての塗り替えですが、以前よりも明るくクッキリした色に塗り替えたいというご要望のもと、外壁は白く、帯板・雨樋は黒というメリハリのある組み合わせにしました。
結果、道行く人も二度見するほどの仕上がりとなり、A様にはもちろん、ご近所の皆様にも好評の塗り替えとなりました。

2. 施工前(外壁・屋根のチェック)

施工前の外観です。オーソドックスな配色です。
施工前の外観です。オーソドックスな配色です。
屋根には年数なりの汚れとコケが付着していました。
屋根には年数なりの汚れとコケが付着していました。
破風板の色褪せが激しく、元の色がわからない状態になっています。
破風板の色褪せが激しく、元の色がわからない状態になっています。

3. 工事開始

3-1. 外壁塗装工事

外壁塗装の前にサイディングパネルの目地シールを打ち替えました。
外壁塗装の前にサイディングパネルの目地シールを打ち替えました。
外壁は下塗りの後に「水性セラミシリコン」で中塗り・上塗りを行いました。
外壁は下塗りの後に「水性セラミシリコン」で中塗り・上塗りを行いました。
雨樋は白い外壁に合うように真っ黒に塗っています。
雨樋は白い外壁に合うように真っ黒に塗っています。

3-2. 屋根

高圧洗浄で屋根の汚れをキレイに洗い流しました。
高圧洗浄で屋根の汚れをキレイに洗い流しました。
屋根の鉄部(棟板金)には赤い錆止めを塗りました。屋根本体には下塗りを行っています。
屋根の鉄部(棟板金)には赤い錆止めを塗りました。屋根本体には下塗りを行っています。
遮熱塗料で中塗り・上塗りを行います。棟板金も同じ遮熱塗料を使用しています。
遮熱塗料で中塗り・上塗りを行います。棟板金も同じ遮熱塗料を使用しています。

4. 工事完了

施工後の外観です。真っ白に輝く外壁。帯板と雨樋の黒が全体を引き締めています。

遮熱塗料で塗られた屋根。セピアブラウンが落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

遮熱塗料で塗られた屋根。セピアブラウンが落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

色褪せが酷かった破風板も雨樋と同じ黒で塗装。建物の「枠」を見事に担っています。

色褪せが酷かった破風板も雨樋と同じ黒で塗装。建物の「枠」を見事に担っています。

雨樋・鼻隠しはすべて黒で統一。サービス塗装のエアコン配管カバーも黒で塗っています。

雨樋・鼻隠しはすべて黒で統一。サービス塗装のエアコン配管カバーも黒で塗っています。

5. A様から頂いた工事の感想「お客様の声」はこちら

毎日作業日報をいただいたり、メールでその日の進歩状況の画像を送っていただいたりしたので、留守をしても、安心してお任せすることができました。

A様から頂いた「お客様の声」全文はこちらをご覧下さい

完成記念写真を撮らせて頂きました。

A様ありがとうございました!

6. A様と共通の施工事例

6-1. A様と共通の国分寺市の施工事例

6-2. A様と同じ外壁塗料(水性セラミシリコン)の施工事例

7. その他の施工事例とお客様の声

その他の施工事例はこちら

その他の施工事例はこちらから

その他のお客様の声はこちら

その他の「お客様の声」はこちらから

8. 施工事例データ

8-1. 塗歴・時期・工期

塗装履歴:初めての外壁塗装日程:2014年/平成26年
4月24日~5月12日
工期:19~20日間
(休工日含む)

8-2. 築年数・構造・外壁種類

築年数:12年~13年構造:木造/サイディング/2階建て外壁の種類:窯業系サイディング(単色仕上げ)

8-3. 足場・外壁・屋根・予算

足場:261㎡~280㎡外壁:181㎡~200㎡屋根:61㎡~80㎡予算:100万円~150万円

8-4. 外壁塗料・屋根塗料・色

外壁塗料:SK化研/水性セラミシリコン

塗装色:SR-164

屋根塗料:SK化研/クールタイト

塗装色:CLR-121(セピアブラウン)

細部塗装:日本ペイント/ファインウレタンU-100
塗装箇所:雨どい・破風板・ヒサシ・基礎水切・シャッターBOX・等

8-5. その他工事

サイディングシール交換工事(コーキング交換)アンテナ撤去工事