雨漏りがきっかけで外壁塗装をすることになりました|国分寺市K様邸

国分寺市 K様邸外壁・屋根塗装事例
(2019年10月01日 完工)

ビフォー

アフター

【ビフォー】屋根ビフォー

【アフター】屋根アフター

工事のきっかけ・お客様とのエピソード

雨漏りが気になったのが塗装のきっかけ


雨漏りを直したいと雨漏り修理の業者を呼んだら、そこで外壁塗装も勧められたというK様。

相見積もりを取ることになり、1年前に情報誌「リビング新聞」を見て「花まる通信」を取り寄せて読んでいたことから、弊社にお電話いただきました。

見積もりに行ったみると、雨漏りは台風や風が強い時にだけ起きるのだそうです。
しかも、雨漏りはテラス屋根に面した窓付近が怪しい様子

ただし、雨漏りは壁の中に入った後に中を伝って予想外のところで漏れることがあります。
怪しい箇所から推定した場所が有っても、はっきりと「ここです」と断定してしまうのは危険です。

実際には室内に入っている場所の壁や、外壁を剥がして(解体して)みなければわからないこともあります。

さすがに外壁を壊しながら雨漏りしている原因を探るのは現実的ではないため、塗装をしながら怪しい箇所を探していくことになりました。

参考:強風時だけ雨漏りする場合…どう対応したら良い?

外壁の赤いシミはアンテナの錆が原因


使われていない古いアナログアンテナ アンテナ線のサビ汚れ

見積もりではその他にも、屋根の直ぐ側の外壁に赤いシミが垂れたようについているのがはっきりと見て取れました。

アンテナを壁に固定している金具が錆びて、雨が当たるたびに下にサビが流されてできたものです。

アンテナは屋根の上にあるので、サビが出ても屋根の上なので見えないことがあるのですが、今回は壁に固定していた部分なのでかなり目立っていました。

K様宅はもうアンテナは使っていないとのことでしたので、撤去して外壁を塗ることでしっかりと跡は見えなくなります。

K様宅のように古いアンテナを撤去することが時々あります。

アンテナ交換であれば、アンテナ屋さんが持ち帰ってくれるのですが、アンテナ撤去では取り除いたアンテナを誰が処分するのか、という話になります。

花まるリフォームは塗装専門の会社なので、こういった金属類の回収は有料になってしまいます。

アンテナは個人がゴミに出せるコンパクトなサイズにまとめますので、そのままお住まいのゴミの日に出していただくことをオススメしています。

施工前(外壁・屋根のチェック)

屋根に取付けた雪止めや金具類からサビが出たと思われる赤いシミがありました。屋根に取付けた雪止めや金具類からサビが出たと思われる赤いシミがありました。
屋根のアンテナを止めている金具のサビがついて赤いしみになっています。屋根のアンテナを止めている金具のサビがついて赤いしみになっています。
ひび割れを補修したと思われる跡。屋根の部分はたわんでいるので雨漏りの原因になることがあります。ひび割れを補修したと思われる跡。屋根の部分はたわんでいるので雨漏りの原因になることがあります。
日当たりが悪い箇所にコケが生えていました。日当たりが悪い箇所にコケが生えていました。

工事開始

外壁塗装工事

高圧洗浄で汚れを洗い流していきます。高圧洗浄で汚れを洗い流していきます。
下塗り材は次に塗る塗料を密着させる効果があるので、塗装不良はペンキのはがれにつながります。下塗り材は次に塗る塗料を密着させる効果があるので、塗装不良はペンキのはがれにつながります。
細かな部分まで丁寧にしっかりと塗っていきます。細かな部分まで丁寧にしっかりと塗っていきます。
中塗りはトップコートになる塗料で塗っていきます。中塗りはトップコートになる塗料で塗っていきます。
塗り残しが出ずきれいな仕上がりで効率的に動けるよう、ローラーの向きを縦や横にしています。塗り残しが出ずきれいな仕上がりで効率的に動けるよう、ローラーの向きを縦や横にしています。
ケーブル等の細かい部分も丁寧に塗っています。ケーブル等の細かい部分も丁寧に塗っています。
トップコートの2回目となる上塗りです。しっかりと塗膜の厚みが出て、表面もよりきれいに仕上がります。トップコートの2回目となる上塗りです。しっかりと塗膜の厚みが出て、表面もよりきれいに仕上がります。
外壁塗装が完成しました。外壁塗装が完成しました。

屋根塗装工事

コケや汚れがよく落ちるサーフェスクリーナーを使って屋根を洗浄しています。コケや汚れがよく落ちるサーフェスクリーナーを使って屋根を洗浄しています。
経年劣化で屋根の色が変わった部分があちこちにあります。下塗りではまだこの色の変化は隠せません。経年劣化で屋根の色が変わった部分があちこちにあります。下塗りではまだこの色の変化は隠せません。
下塗りの時に屋根の傷み具合をチェックしながら作業します。ひび割れがあれば上塗りまでに補修します。下塗りの時に屋根の傷み具合をチェックしながら作業します。ひび割れがあれば上塗りまでに補修します。
中塗りが始まりました。棟の境目も丁寧に塗っていきます。中塗りが始まりました。棟の境目も丁寧に塗っていきます。
屋根は自分が通る道順を考えながら、上から塗っていきます。屋根は自分が通る道順を考えながら、上から塗っていきます。
ペンキが瓦の隙間に固まって雨水がたまることのないように、タスペーサーという器具を差し込んで強制的に隙間を空けています。ペンキが瓦の隙間に固まって雨水がたまることのないように、タスペーサーという器具を差し込んで強制的に隙間を空けています。
トップコートの2回目の塗装です。2回塗り重ねることで、表面のキメがそろい、仕上がりが一層きれいになります。トップコートの2回目の塗装です。2回塗り重ねることで、表面のキメがそろい、仕上がりが一層きれいになります。
屋根の塗装が完了しました。屋根の塗装が完了しました。

その他塗装工事

棟板金の交換のため、古い棟板金を取り外しました。棟板金の交換のため、古い棟板金を取り外しました。
新しい棟の下地になるプラ貫を取り付けました。新しい棟の下地になるプラ貫を取り付けました。
プラ貫の上に棟板金を取り付けて完了です。プラ貫の上に棟板金を取り付けて完了です。
塗装が完了すると、メッシュシートを取り外すことで、足場の圧迫感を軽減します。塗装が完了すると、メッシュシートを取り外すことで、足場の圧迫感を軽減します。

K様と共通の施工事例

K様と共通の国分寺市の施工事例

K様と同じクリーンマイルドシリコンの施工事例

施工事例データ

塗歴・時期・工期塗装履歴:2回目の外壁塗装
日程:2019年/平成31年/令和元年
9月2日~10月1日
工期:21日間以上
(休工日含む)
築年数・構造・外壁種類築年数:20年以上
構造:木造/モルタル/2階建て
外壁の種類:リシン吹き付け(艶消し)
足場・外壁・屋根・予算足場:221㎡~240㎡
外壁:181㎡~200㎡
屋根:81㎡~100㎡
予算:100万円~150万円
外壁塗料・屋根塗料・色外壁塗料:SK化研/クリーンマイルドシリコン
塗装色:SR-412
屋根塗料:SK化研/水性クールタイトSi
塗装色:CLR-106(グレー)
細部塗装:SK化研/クリーンマイルドシリコン
塗装箇所:雨どい・ヒサシ等
その他工事サイディングシール交換工事(コーキング交換)
アンテナ撤去工事

屋根の棟板金交換工事
火災保険の特約:雪害・雹害・水害の保険を申請