宮前区 K様邸|外壁のアクセントが素敵です。

帯板がシックな景観を印象付けます。

宮前区 K様邸 外壁・屋根塗装施工事例(2014年3月14日 完工)

ビフォーアフター

 

1. 工事のきっかけ・お客様とのエピソード

初めての塗り替えとなるK様邸には大胆な野望がありました。「角地に建っているのに今ひとつ印象が薄い」
そこで如何にして目立つおうちに変身するか協議が重ねられました。結果、外壁のアクセントをくっきりさせることで印象を強くするプランが採用され、壁は明るくアクセントは濃く、という配色に落ち着きました。工事が終わって少し離れた場所から見ると、工事前の印象とはまるで違う建物のよう。大成功の塗替えとなりました。

2. 施工前(外壁・屋根のチェック)

坂の上の角地に建つK様邸。とても目立ちます。
坂の上の角地に建つK様邸。とても目立ちます。
屋根には年数相応の汚れとコケが付着しています。
屋根には年数相応の汚れとコケが付着しています。
外壁のアクセントは色褪せていました。
外壁のアクセントは色褪せていました。

3. 工事開始

3-1. 外壁塗装工事

まずは高圧洗浄で外壁の汚れを綺麗に洗い流します。
まずは高圧洗浄で外壁の汚れを綺麗に洗い流します。
外壁の下塗りは微弾性フィラーを使用しています。
外壁の下塗りは微弾性フィラーを使用しています。
中塗り・上塗りには油性塗料の「クリーンマイルドシリコン」を使用しました。
中塗り・上塗りには油性塗料の「クリーンマイルドシリコン」を使用しました。

3-2. 屋根

屋根塗装の下塗りです。
屋根塗装の下塗りです。
中塗り・上塗りには遮熱塗料の「クールタイトSi」を使用しています。
中塗り・上塗りには遮熱塗料の「クールタイトSi」を使用しています。
雨樋は焦げ茶で塗装しました。
雨樋は焦げ茶で塗装しました。

4. 工事完了

施工後の外観です。白い外壁をコゲ茶のアクセントが引き締めています。

施工後の外観です。白い外壁をコゲ茶のアクセントが良く合います。

遮熱塗料「クールタイトSi」で塗装した屋根。色は「セピアブラウン」です。

遮熱塗料「クールタイトSi」で塗装した屋根。色は「セピアブラウン」です。

色褪せが酷かった雨樋も外壁のアクセント色と同色の焦げ茶に統一しました。

色褪せが酷かった雨樋も外壁のアクセント色と同色の焦げ茶に統一しました。

焦げ茶に塗られたアクセント。建物全体の印象をきりりと引き締めています。

焦げ茶に塗られたアクセント。建物全体の印象をきりりと引き締めています。

6. K様と共通の施工事例

6-1. K様と共通の川崎市の施工事例

6-2. K様と同じ外壁塗料(クリーンマイルドシリコン)の施工事例

7. その他の施工事例とお客様の声

その他の施工事例はこちら

その他の施工事例はこちらから

その他のお客様の声はこちら

その他の「お客様の声」はこちらから

8. 施工事例データ

8-1. 塗歴・時期・工期

塗装履歴:初めての外壁塗装日程:2014年/平成26年
3月4日~3月14日日
工期:11~12日間
(休工日含む)

8-2. 築年数・構造・外壁種類

築年数:10年~11年構造:木造/モルタル/2階建て,外壁の種類:リシン吹き付け(艶消し)

8-3. 足場・外壁・屋根・予算

足場:241㎡~260㎡外壁:161㎡~180㎡屋根:61㎡~80㎡予算:100万円~150万円

8-4. 外壁塗料・屋根塗料・色

外壁塗料:SK化研/クリーンマイルドシリコン

塗装色:19-90A

屋根塗料:SK化研/クールタイトSi

塗装色:CLR-121(セピアブラウン)

細部塗装:日本ペイント/ファインウレタンU-100
塗装箇所:雨どい・破風板・ヒサシ・基礎水切・シャッターBOX・等