思い通りの色分けにこだわりました|世田谷区H邸

世田谷区 H様邸外壁・屋根塗装事例
(2019年09月20日 完工)

ビフォー

アフター

【ビフォー】屋根ビフォー

【アフター】屋根アフター

工事のきっかけ・お客様とのエピソード

外壁の塗り分けと色にこだわりました。


三井の戸建 ファインコートにお住いのH様、外壁の塗り替えでの希望は「外壁の色を新築当時の色と同じに戻したい」ということでした。

18年も経つと色あせやコケがついていて、どうしても外壁の色は変わってきます。
大きく家の色を変えてしまう方もいらっしゃいますが、H様のように元々の色が気に入っているので同じ色(似たような色)にしたいという方もいらっしゃいます。

色を決める時は塗料のカタログ日塗工(日本塗料工業会)の塗料用標準色見本帳を使って候補を3色程度選びます。

どちらも数センチ四方の小さな面積の見本なので、次に実際に塗料を塗ったA4サイズくらいのサンプル見本板(塗り板)を作ります。

この塗り板を実際に外壁に当てて、特に日陰や日なたと比べてみて最終決定という流れ。

H様宅は、3色に塗り分けられているので、塗板もそれぞれの色に合わせて複数作り、選んでもらうことになりました。

塗り板が届いて、H様からのお答えは「もう一度見本を取り寄せたい」でした。

小さな見本よりも面積が大きくなることによって、塗板が薄く明るく見えることがあり、外壁はそれ以上に面積が大きくなるので、「あれ?思ってた色と違うかも?」と思うことがあるのです。

2回目は最初の色よりも少し濃く暗めで、最終的には2回目に取り寄せた色で塗ることになりました。

参考コラム:外壁塗装の色選びで後悔しないための手順

台風時の天窓の雨漏り


工事期間中に台風15号が関東を通過した時のこと。

それまでは一度も雨漏りをしたことのない天窓から、雨漏りがしたとH様から連絡がありました。

屋根の塗装が終わったばかりだったため、塗装で何かあったのか??と不安になられたようです。

雨漏りは、水の入り口がはっきり分かる(シールが切れている・穴が見つかる)状態なら対応しやすいのですが、屋根の内部を伝って出てきた雨漏りだとどこに問題があるかとても分かりにくいもの。

特に台風は、風によって上だけでなく横や下から雨水が叩きつけられるので、通常の雨なら問題のない場所でも雨漏りしてしまうことがあります

高圧洗浄や屋根の塗装時に問題がなかったことと、その後の台風19号や豪雨の際に漏らなかったことから、H様には経過の様子を見ていただくことになりました。

弊社に問合せいただく中でも天窓のトラブルはほぼ雨漏りです。

天窓は屋根に穴を開けて作っているので、どうしても防水対策が難しいようです。

参考コラム:天窓の雨漏りとメンテナンス ・ 天窓改修のポイント

施工前(外壁・屋根のチェック)

外壁にひび割れが入っていました。外壁にひび割れが入っていました。
コケが生えたり色あせしている部分もありました。コケが生えたり色あせしている部分もありました。
軒裏は経年劣化による色あせや汚れが目立っています。軒裏は経年劣化による色あせや汚れが目立っています。
屋根瓦には汚れやコケがあり、雪止め部分も汚れが溜まっています。屋根瓦には汚れやコケがあり、雪止め部分も汚れが溜まっています。

工事開始

外壁塗装工事

外壁を高圧線所ぅで洗っていきます。緑のコケはすっきりときれいになりました。外壁を高圧線所ぅで洗っていきます。緑のコケはすっきりときれいになりました。
洗い終わった外壁に下塗り材を塗っていきます。上塗材がよく密着するよう、丁寧に塗ります。洗い終わった外壁に下塗り材を塗っていきます。上塗材がよく密着するよう、丁寧に塗ります。
塗料がつくと困る場所は事前にしっかりと養生済。外壁の下塗りが完成しました。塗料がつくと困る場所は事前にしっかりと養生済。外壁の下塗りが完成しました。
外壁の中塗りがスタートしました。下塗り材と色が似ている時は、塗り漏れが出ないようローラーを動かす場所を計算して塗っていきます。外壁の中塗りがスタートしました。下塗り材と色が似ている時は、塗り漏れが出ないようローラーを動かす場所を計算して塗っていきます。
外壁の中塗りが出来上がりました。外壁の中塗りが出来上がりました。
中塗りが終わった外壁に塗料を上塗りしていきます。中塗りが終わった外壁に塗料を上塗りしていきます。
外壁のクシ目模様は、ローラーを塗る際に凹凸でムラになりやすいので、特に丁寧に塗っていきます。外壁のクシ目模様は、ローラーを塗る際に凹凸でムラになりやすいので、特に丁寧に塗っていきます。

屋根塗装工事

屋根の高圧洗浄をしています。雨樋部分は詰まりが取れるので、流れも良くなります。屋根の高圧洗浄をしています。雨樋部分は詰まりが取れるので、流れも良くなります。
屋根の下塗り材を塗りながら、ヒビ割れ等をチェックしています。屋根の下塗り材を塗りながら、ヒビ割れ等をチェックしています。
屋根の下塗りが完了しました。屋根の下塗りが完了しました。
屋根の中塗りです。出窓部分は塗料が付かないようにきっちりと養生しています。屋根の中塗りです。出窓部分は塗料が付かないようにきっちりと養生しています。
屋根の中塗りが完了しました。屋根の中塗りが完了しました。
屋根の上塗りを塗装しています。中塗りよりも表面のキメが整い、艶のある出来上がりになります。屋根の上塗りを塗装しています。中塗りよりも表面のキメが整い、艶のある出来上がりになります。
上塗りが完了しました。上塗りが完了しました。
屋根に塗った塗料が瓦の隙間に入りこんで隙間を塞ぎ雨水がたまる原因にならないよう、「タスペーサー」という部品を入れて隙間を作ります。屋根に塗った塗料が瓦の隙間に入りこんで隙間を塞ぎ雨水がたまる原因にならないよう、「タスペーサー」という部品を入れて隙間を作ります。
屋根の出窓部分のシールが怪しかったので、きっちりとシールをしました。屋根の出窓部分のシールが怪しかったので、きっちりとシールをしました。

工程の詳細はこちら 「ただ今塗替え中!」

H様と共通の施工事例

H様と共通の世田谷区の施工事例

H様と同じアートフレッシュの施工事例

施工事例データ

塗歴・時期・工期塗装履歴:初めての外壁塗装
日程:2019年/平成31年/令和元年
9月3日~9月20日
工期:17~18日間
(休工日含む)
築年数・構造・外壁種類築年数:18年~19年
構造:木造/モルタル/2階建て
外壁の種類:ジョリパット(艶消し)珪藻土風・コテ仕様
外壁の種類:ジョリパット(艶消し)吹き付け・スタッコ調
足場・外壁・屋根・予算足場:181㎡~200㎡
外壁:141㎡~160㎡
屋根:61㎡~80㎡
予算:100万円~150万円
外壁塗料・屋根塗料・色外壁塗料:SK化研/アートフレッシュ
塗装色:AC-2704
塗装色:AC-4017
塗装色:AC-4024
屋根塗料:水谷ペイント/快適サーモSi
塗装色:ナチュラルグレー
細部塗装:SK化研/クリーンマイルドシリコン
塗装箇所:雨どい・破風板・基礎水切・シャッターBOX等
その他工事雨漏り改修工事
世田谷区環境配慮型リノベーション補助金を申請