目地とタイルも補修しました|世田谷区T様邸

世田谷区 T様邸外壁・屋根塗装事例
(2019年08月10日 完工)

ビフォー

アフター

【ビフォー】屋根ビフォー

【アフター】屋根アフター

工事のきっかけ・お客様とのエピソード

塗装と一緒に気になる部分を直したい。


中古物件を購入されて、これから引っ越し予定というT様。ベランダのタイルの欠けや外壁のひび割れが気になるとお電話でお問い合わせいただいた際に、「ベランダの壁のデザインを変えることができますか?」とご相談がありました。詳しくお話を伺ってみると、ベランダのデザインとして数センチの溝が斜めに入っていて、その溝を埋めてまっ平らにしたいそう。またタイルの欠けも、タイル1枚ごとに何箇所かひび割れや欠けがある程度ではなく、ベランダ全体から一部が欠けている(数十枚ない)ということが分かりました。

溝を埋めるにしても、タイルの欠けを埋めるにしても、「塗装屋さん」ではなく「左官屋さん」の仕事です。ベランダの溝はベランダ全体に薄くモルタルを塗ることで平らにできますが、問題はタイルの欠けでした。ちょうど中心部分のタイルが6列分はがれているので、両側から圧力がかかって中央が盛り上がるように外れてしまったと想像できます。同じデザインで立てられたお隣のベランダも同様に中央がはがれていたので、建物の構造的に起こった問題とも考えられます。

同じタイルを同様に貼ったとしても、構造の問題であればまたはがれることが考えられます。そのため、タイルを貼り替えるのではなくモルタルで埋めて様子を見ることになりました。

統一感をもたせたい。


モルタル部分とサイディング部分にそれぞれ材質にあった塗料を塗ることになりましたが、同じ色で塗りたいとこだわりの要望がありました。また同じ塗料であっても作る時期が違うと色が微妙に違って見えることもあり、こだわる方はその差すらも気にされます。ましてや塗料が違うと、質感の違いや材料の差による違いが出てしまうため、全く同じに見える色を作ることはとても難しいのです。

全く同じにすることはかなり難しいことをT様にご了解いただいた上で、ご希望の3色で塗料ごとに塗り板(実際の塗料を塗った板)を作成しました。塗り板を比較されたT様は塗装する色は決めたものの、同じ色番号なのに塗料が違うと色が微妙に違って見えるようです。新しく塗板を作って比較する時間がなかったため、塗料メーカーのプロの技にお任せして調色することになりました。

施工前(外壁・屋根のチェック)

目地を無くしたいという要望がありました。目地を無くしたいという要望がありました。
はがれたタイルを埋めたいという要望がありました。はがれたタイルを埋めたいという要望がありました。
日の当たらない外壁にはコケが生えていました。日の当たらない外壁にはコケが生えていました。

工事開始

その他塗装工事

作業途中の左官屋さんと、養生途中の塗装職人。作業途中の左官屋さんと、養生途中の塗装職人。
はがれかけているタイルを取り除いて、モルタルで埋めました。はがれかけているタイルを取り除いて、モルタルで埋めました。
真ん中の溝や模様を消したいとのオーダーがありました。真ん中の溝や模様を消したいとのオーダーがありました。
左官屋さんがモルタルを薄く付けることで、溝や模様を消しました。左官屋さんがモルタルを薄く付けることで、溝や模様を消しました。

工程の詳細はこちら 「ただ今塗替え中!」

T様から頂いた工事の感想「お客様の声」はこちら

丁寧に相談、対応してもらい安心できました! 世田谷区T様


T様から頂いた「お客様の声」全文はこちらをご覧下さい

完成記念写真を撮らせて頂きました。 T様ありがとうございました!

T様と共通の施工事例

T様と共通の世田谷区の施工事例

T様と同じアートフレッシュの施工事例

施工事例データ

塗歴・時期・工期
日程:2019年/平成31年/令和元年
7月23日~8月10日
工期:17~18日間
(休工日含む)
築年数・構造・外壁種類築年数:18年~19年
構造:木造/モルタル/3階建て
外壁の種類:ジョリパット+サイディング
足場・外壁・屋根・予算足場:261㎡~280㎡
外壁:181㎡~200㎡
屋根:41㎡~60㎡
予算:100万円~150万円
外壁塗料・屋根塗料・色外壁塗料:SK化研/アートフレッシュ
外壁塗料:SK化研/水性セラミシリコン

塗装色:19-20B
屋根塗料:快適サーモSi
塗装色:ニューサーモブラック
細部塗装:SK化研/クリーンマイルドシリコン
塗装箇所:雨どい・ヒサシ・基礎水切・シャッターBOX等
その他工事サイディングシール交換工事(コーキング交換)
左官工事
世田谷区環境配慮型リノベーション補助金を申請