横浜市青葉区T様邸|帯板の劣化に耐える外壁塗装

外壁の帯板はけっこう重要です

横浜市青葉区T様邸 外壁・屋根塗装工事(2014年8月1日 完工)

工事のきっかけ・お客様とのエピソード

T様邸の塗り替えは「帯板の劣化」がポイントでした。
特に日当たりの良い玄関側は帯板の表面がボロボロと剥がれかけている状態です。

帯板」とは外壁の1階と2階の区切り部分に取り付けるアクセント部分の事です。
帯板は外壁に比べて木部は経年劣化が早く、早めに対処しないと塗り替えだけではどうにも出来ない事態になりがちです。
数年前に塗り替えたばかりのご近所さんでは、既に帯板のペンキが剥がれてきているとのこと。

そこで「帯板の塗装をしっかりやってくれる業者」ということで花まるリフォームにご依頼をいただきました。
T様の熱い期待に応えて外壁の重要なアクセント部分である帯板をしっかり下地処理して塗装。

奥様が選ばれた淡いすみれ色でとても美しく仕上がりました。

施工前の状態はこちら

施工前の外観です。

施工前の外観です。

外壁はスタッコ仕上げです。

外壁はスタッコ仕上げです。

バルコニー手摺付け根部分の笠木はサビが広がっています。

バルコニー手摺付け根部分の笠木はサビが広がっています。

工事開始

外壁塗装

施工開始です。まずは足場を組みます。

施工開始です。まずは足場を組みます。

外壁が汚れていたので高圧洗浄します。

外壁が汚れていたので高圧洗浄します。

クラック部分に補修材を注入する下地処理です。とても重要な作業です。

クラック部分に補修材を注入する下地処理です。とても重要な作業です。

外壁の塗装に取り掛かります。外壁の下塗りからです。

外壁の塗装に取り掛かります。外壁の下塗りからです。

外壁の上塗りです。淡いすみれ色です。

外壁の上塗りです。淡いすみれ色です。

鉄部の下塗りです。しっかりと丁寧に行います。

鉄部の下塗りです。しっかりと丁寧に行います。

その他

帯板下塗りです。細かいところまで丁寧に塗ります。

帯板下塗りです。細かいところまで丁寧に塗ります。

破風板の塗装も慎重に行います。

破風板の塗装も慎重に行います。

雨樋もピカピカになりました。

雨樋もピカピカになりました。

工事完了

施工完了です。淡いすみれ色が落ち着いていてとても素敵なお家となりました。

施工完了です。淡いすみれ色が落ち着いていてとても素敵なお家となりました。

とても良い配色です。

とても良い配色です。

サビだらけだったバルコニーの笠木。白く輝いています。

サビだらけだったバルコニーの笠木。白く輝いています。

外壁も白と淡いすみれ色で上品なイメージになりました。

外壁も白と淡いすみれ色で上品なイメージになりました。

施工事例データ

塗装履歴・工事日程・工事日数

塗装履歴:初めての外壁塗装日程:2014年/平成26年
7月18日~8月1日
工期:13~14日間
(休工日含む)

築年数・建物の構造・外壁の種類

築年数:18年~19年構造:木造/モルタル/2階建て外壁の種類:ジョリパット(艶消し)吹き付け・スタッコ調

足場・外壁・屋根・予算

足場:301㎡以上外壁:161㎡~180㎡屋根:塗装なし予算:100万円~150万円

外壁塗料・屋根塗料・色

外壁塗料:SK化研/アートフレッシュ
塗装色:09-60B
細部塗装:日本ペイント/ファインウレタンU-100
塗装箇所:雨どい・破風板・ヒサシ・等

T様と共通の施工事例

T様と共通の青葉区の施工事例

T様と同じ外壁塗料(アートフレッシュ)の施工事例

その他の施工事例はこちら

その他のお客様の声はこちら

 

\フォローお願いします/

投稿者プロフィール

高橋 良一
花まるリフォーム代表。高橋塗装店の息子として世田谷で生まれ育ち22歳で職人デビュー38歳で花まるリフォームとして独立しました。戸建住宅の「外壁塗装」に関わることなら誰よりも知識と経験が有る、そんなイケナイ自負(苦笑)があります。仕事以外ではアニメとかマンガが好きな第一次オタク世代です。